2013年02月07日

1/26 昔遊び学習会C 報告

昔遊びの技術をもっと磨こう!ということで、
今回の学習会は、今年度、初めて昔遊びに祭りに取り入れた「お手玉」と「あやとり」でした。

地域の遊び名人に講師役として、遊び方や遊びのコツなどを教えていただきました。

メンバーの他にも、会場となった岩淵町の自治会のサークルや老人会の皆さんたちもご参加いただき、昔の遊んだ遊びを懐かしく思い出しながら、楽しくにぎやかなひとときでした。

あやとりは、最初は簡単な「ホウキ」から。
簡単といえども、覚えるのは難しく、教えていただいてもすぐに忘れてしまい、何度も何度も繰り返し教えていただきました。
R1127349.JPG R1127354.JPG

「蝶々」は少々難しくギブアップ!
ひとりあやとりは、男性陣もマスターしました。
R1127357.JPG R1127361.JPG

なかなか覚えられない私たちに、講師より「練習するのみ」とひと言。
保育園に通っているお孫さんも、練習してマスターしたそうです。
R1127364.JPG R1127365.JPG

お手玉は、地域の方が今回の学習会のために追加で作成してくださり、準備万端。
R1127348.JPG

お手玉の歴史や各国のお手玉のことなど教えていただいたあとに、お手玉練習のためのウォーミングアップを教えていただきました。
まずは、これらが出来ないと上達しない・・・・と。
R1127372.JPG R1127378.JPG

それから、お手玉2つを上にあげて練習。
R1127379.JPG R1127383.JPG

メンバーの男性陣もほとんど初めてに近いお手玉を熱心に練習しました。
老人会の皆さんは昔を思い出しながら、全身を動かしてお手玉3つに挑戦!
R1127386.JPG R1127388.JPG


参加された方のご感想は、
・昔を思い出した
・楽しかった
・手も頭も使っていい運動
など、高齢者の方にも昔遊びは体や脳にとても刺激があり、よいもである印象でした。

また、講師から、「一緒に来たあやとり上手の孫もみんなからいろいろと聞かれて、とても楽しそうで、また、多くの方と話す機会もでき、とてもよい場であったこと。
これからも皆さんのお孫さんを一緒に連れてきて、各地域でこのような高齢者と子どもが交流できる場があるとよいですね」と、
今後の昔遊び事業の発展性を見出すこともできました。

次回は、2月9日(土)13時〜 
「紙飛行機」と「けん玉」です。
会場はボランティアぷらざ(北とぴあ4階)


参加自由ですので、私たちの昔遊びで地域交流事業にご興味のある方、お気軽にお立ち寄りください。


posted by horiguchi at 23:27| Comment(0) | 地域づくり応援団事業2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする