2013年12月16日

「数字でわかる、くらしの中の男女格差」連続講座終了!

10月から始まった、北区男女共同参画センター「スペースゆう」との協働事業である「パートナーシップ事業」が12月8日に終了しました。

3回連続講座を報告します。

第1回目は男女共同参画統計の第一人者である伊藤陽一さんより、男女共同参画統計とは何か、なぜ必要かを説明していただきました。
男女の生活実態、特に格差・差別の実態を客観的に、全体的に、具体的に可視化するために必要であり、なんとなく差別があるな〜、と感じていることを事実であることを表す手段となります。
北区のデータを見ながら、男女共同参画統計にするのはこんなふうにしたほうよい、などのアドバイスもあり、単に男女別に統計を並べればよいのでないことを学びました。

第2回目は男女共同参画統計の具体例として「生活時間」をデータ化し、男女の格差を実感することを学びました。講師の斎藤悦子さんから生活時間から何がわかるかの説明を受け、男女別の生活時間統計を比べて格差があることを確認後、参加者が自分自身の生活時間をデータ化しました。
自分の生活を振り返り、他の人と比較する機会となりました。

最終回は過去2回の講座を振り返るとともに、男女共同参画統計のつくり方を学び、データを読む面白さを体験しました。最後は今回学んだことを活かして、「北区男女共同参画データブック」について参加者が様々にコメントしていきました。

少ない参加者ではありましたが、男女共同参画統計に関心を持ち、それを北区で活かすような場を作れないか、という話もできました。
今回の講座にとどまらず、今後も北区の政策に結びつくような、統計のワークショップなどができればと思っています。
講師及び参加者のみなさま、ありがとうございました。
posted by 参画ネット・ノースヴィレッジゆう at 19:50| Comment(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

読書会(第2回)

読書会(第2回)〜「上野千鶴子を腑分けする」

「現代思想」の『特集 上野千鶴子』より、上記対談を取り上げました。
日時:1月22日(日)13時〜15時
場所:スペースゆう 5F 喫茶コーナーにて

参加者は3名。
今回はこの題材を選んだOさんがレジュメを用意してくださいました。
それにそって説明を受け、気付いたことは随時発言。

今回の対談は、上野さんの著作を読んでいないと明確には理解できない部分も多い代物。
自分がわからなかった部分を他の人から解説してもらったり、この部分は理解できない、と皆で納得したり。
上野さんが論じるフェミニズムは「専業主婦」を中心にしているので、長年共働きをしてきた自分には違和感がある、と言った話から自分自身の体験を語るなど、前回同様、参加者のプライベートにも触れる部分が多い読書会となりました。

非常に分厚い上野さんの著書「ケアの社会学」をお二人の方が手元に置いていたのが印象的でした。

次回は大沢真理さんのものを読むことで決定。
日時:2月26日(日)13時〜15時
場所:スペースゆう 5F 喫茶コーナーにて
題材:『新編日本のフェミニズム』4 「女性の抵抗が世界を持続可能にする」
posted by 参画ネット・ノースヴィレッジゆう at 11:29| Comment(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

読書会(第1回)〜上野千鶴子さんの著作を読む

読書会(第1回お試し)〜上野千鶴子さんの著作を読む
12月4日(日)に開催しました。

どの程度の方が関心を持ってくださるのか、暗中模索状態でしたが、スペースゆうのパートナーシップ事業に参加いただいた方にお声がけしたところ、3名の方が参加。

今回の読書会は、各自が読んできた本の概要を説明し、その後感想を述べるといった形式で進めました。
著作の多い上野さんだけに、各自が読んできた本はバラバラ。
初期の著作から最新のものまであり、ここでも上野さんの研究活動が幅広いことがわかります。

以下は今回取り上げた本。
『上野先生、勝手に死なれちゃ困ります』
『セクシィギャルの大研究』
『家父長制と資本制』
『不惑のフェミニズム』
『女嫌い-ニッポンのミソジニー』

タイミングよく、
「現代思想 2011年12月臨時増刊号」が『特集 上野千鶴子』
だったこともあり、この特集号も取り上げました。

http://www.seidosha.co.jp/index.php?%BE%E5%CC%EE%C0%E9%C4%E1%BB%D2


著作の感想を語りながら、自分史を披露する場面もあり、初対面の女性たちでしたが、和気藹々とした雰囲気での読書会となりました。

こういった機会を持たないと本を精読する機会がない、ということで、次回開催が決定。
日時:1月22日(日)13時〜
場所:スペースゆう5F 喫茶コーナー辺り 

次回の題材は上記『特集 上野千鶴子』に収録されている、
上野千鶴子×小熊英二 「上野千鶴子を腑分けする」
posted by 参画ネット・ノースヴィレッジゆう at 10:55| Comment(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする